「攻殻機動隊ARISE」はキャスト一新 ~ 草薙素子役は坂本真綾女史、バトー役は松田健一郎氏

 声優陣を総とっかえする意味がわかんね。「ルパン」と違って、レギュラー役声優は全員バリバリ現役やん。何がいかんと?。

 石川の兄ちゃんも、最近は往年のキレが鈍ったと思っていたが、今回の判断はテキメンだな。冒険する方向、間違ってねーか?。

<攻殻機動隊>新作「ARISE」は全4部作 草薙素子役に坂本真綾、新キャスト発表

 近未来の電脳化社会を舞台に架空の公安組織を描いたアニメ「攻殻機動隊」の新作「攻殻機動隊ARISE」が各話50分、全4部作のアニメになることが12日、明らかになった。キャストも一新され、主人公・草薙素子役を人気声優の坂本真綾さんが演じることも分かった。

(中略)

 新キャストは、素子を坂本さんが演じるほか、荒牧大輔役を塾一久さん、バトー役を松田健一郎さん、トグサ役を新垣樽助さん、イシカワを檀臣幸さん、サイトーを中國卓郎さん、パズ役を上田耀司さん、ボーマ役を中井和哉さんが演じる。

 攻殻機動隊は士郎正宗さんのマンガが原作。劇場版アニメ「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(95年公開)、「イノセンス」(04年公開)、テレビアニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」(02年放送)などが制作されており、新作の「ARISE」は“第4の攻殻機動隊”と位置づけられるといい、劇場版アニメ「機動警察パトレイバー」などの黄瀬和哉さんが総監督、作家の冲方丁(うぶかた・とう)さんが脚本・構成を担当。アニメーション制作はプロダクションI.G、コーネリアスが音楽を手がけるほか、士郎さんもプロジェクトに参加する。

(後略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130212-00200045-mantan-ent

(2月12日 まんたんウェブ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です