「悪意に満ちた起訴」=ネクタイ姿で無罪主張-メモなし、余裕漂わせ・堀江被告

 悪意に満ち、起訴は心外-。ライブドア前社長堀江貴文被告(33)は4日、スーツに青いネクタイを締めた「正装」で無罪を主張した。

 「そういった種類の犯罪を行ったこともありませんし、指示したこともありません」。罪状認否では、はっきりとした口調で起訴事実を否認。「起訴状では、(ライブドアは)企業買収を目的にするなどと最初から悪意に満ちた内容」「起訴されたことを心外に思っています」。メモは手にせず、壇上の裁判長を見ながら検察側への「挑戦」をも口にし、余裕さえ漂わせて陳述した。 

(時事通信) – 9月4日

 「悪意に満ちた起訴」という認識は当たっていますね。堀江被告がパージされたのは、法を犯したからではなく、利害関係者に迷惑をかけたからだから。彼らの悪意が堀江氏を被告にしたのだから。

 と言っても、「起訴事実の否認、無罪主張」ってのはさすがに頂けない。本来噛ませる必要の無い投資事業組合を噛ました段階で、粉飾する気がナッシングだったなんて言われても、業界の人間からすれば「生暖かく見守る」気持ちにしかなれません。

 まあ、一通り自説を述べたら、潔く適当な罰を受けて下さいねと。貴方はもうビジネスの世界では過去の人だから、せいぜいワイドショーのネタとして生きていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です