「平成のジャギ様」松崎哲久衆院議員に最後の時迫る!の巻

 先日の「トホホ政治家」エントリーでも取り上げさせさせて頂きましたが、自衛隊の航空祭で「俺の名前を言ってみろ~」をやらかした松崎哲久衆院議員について続報これあり。華やかなキャリアの割にゃ、ちっちぇえオッサンだな。おい。

 まあ、菅政権の大チョンボ続きのおかげで、年明け早々には解散総選挙の可能性がグッと高まってきました。この松崎議員も来年の春には「ただの人」でしょうね。作家先生スキルはお持ちのようだから、ホームレスにはならずに済みそうだけど。

空自隊員「恫喝」の民主・松崎氏 政権批判発言後、基地司令呼び出す

 自衛隊関連行事の来賓に政治的発言を控えるよう求めた防衛省の事務次官通達問題で、民主党の松崎哲久衆院議員が通達発出のきっかけとなった航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)での協力団体会長の政権批判発言に関し、基地司令らを呼び出していたことが22日午前の参院予算委員会一般質疑でわかった。

 自民党の佐藤正久氏が、「(政権批判発言のあった航空祭の翌日の)11月4日に松崎議員から抗議があったのではないか」とただすと、北沢俊美防衛相は「その事実は後日、報告を受けた。事実関係を知りたいということだと思う。向こう(松崎氏)から呼び出しがあった」と明かした。

 また、その際には「入間基地司令と官房文書課長がうかがい、基地司令から祝賀会での協力団体会長のあいさつ内容を申し上げ、文書課長は政務三役の指示で、同じような事案が起こらないよう必要な対策を講じる旨の防衛省の方針を話した」と説明。「(松崎氏による)抗議ということではなかった」と佐藤氏の指摘を否定した。

 松崎氏は7月に同基地で行われた納涼祭で、車の誘導をめぐり隊員に“恫喝(どうかつ)”したとの指摘が出ている。

(11月22日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です