「イスラエルは今月中にガザに地上侵攻開始、年内に制圧完了のスケジュールで動いている」に1票

 これまでの小競り合いと全然違う。中東の親米・反米のパワーバランスが崩れた今、イスラエルは、米国が100%ちょっかいを出せない12月末までに自力でカタを着ける気満々だわ。

<ガザ地区>死者87人に…半数市民、イスラエルの攻撃続く

 【ガザ(パレスチナ自治区)樋口直樹】イスラエル軍は19日未明も、パレスチナ自治区ガザ地区への空爆や海上からの砲撃を続け、AP通信によると、一連の攻撃が始まった14日以降のパレスチナ側の死者は計87人となった。イスラエル側は攻撃目標は軍事関連施設だと説明しているが、パレスチナ側によると、死者の約半数は子供を含む市民で、国際社会からは早期停戦を求める声が強まっている。

 AP通信によると、イスラエル軍は14日以降、空爆などでガザ地区の計1350カ所を攻撃した。イスラエル側は18日、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの活動家の自宅などを集中的に攻撃すると表明。これ以降、住宅密集地の民家などで被害が拡大している。AFP通信によると、18日のパレスチナ側の死者は29人で、14日以降で最悪だった。

 18日に4階建て住宅が空爆されて住民12人が死亡したのに続き、19日未明にも一般住宅が空爆され、子供2人を含む一家4人が死亡、42人が負傷した。ハマスはロケット弾などで報復攻撃し、イスラエルは最新鋭の対空防衛システム「アイアン(鉄)ドーム」で迎撃しているが、少なくとも540発が着弾。14日以降に3人が死亡、数十人が負傷した。また、イスラエル政府は14日以降、政府機関のウェブサイトに対し計4400万回以上のサイバー攻撃があったことを明らかにした。

 一方、フランスのファビウス外相は18日、中東に向かい、イスラエルのネタニヤフ首相やパレスチナ自治政府のアッバス議長と相次いで会談し、停戦を呼びかけた。国連の潘基文(バン・キムン)事務総長も19日以降、停戦調停のためイスラエルやパレスチナ、エジプトなどで首脳と会談する。

(11月19日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です