「けいおん!!」と「B型H系」を視聴して感じる妙な思い入れ

 この2週間、この2作の登場人物達に対して妙に感情移入。両作品の属性って全然違うのに、何故なんだぜ?。

 「けいおん!!」5人衆の「(システムとしての部活と言うより)変わらぬ日常としてのバンド活動を皆と過ごしたい」や「B型H系」山田の「エチトモ100人出来るかな」が、神楽が学生時代にやりたかったことだったとか?と考えてみましたが、どうもちょっと違う。どちらも自分の趣味ではないし。じゃあ、今の女子高生の生態への「偏見」なのか?というと、それとも違う。二次元と三次元の区別は一応ついていますから。

 何なんだろうなあー?と自己分析してみたら、何のことはない。保護者視点で彼女たちを観てたからだったというオチ。最近親戚筋でそういうイベントがあったのと、「ハトプリ」の洗礼でドレミスト時代の「その手の血」が騒ぎ出したらしい。基本的に神楽って「日常描写の中に見るキャラの葛藤&成長」が好きですけど、それに輪がかかってるということか。

 この感覚って、重篤化すると拙いんだよなあ。意識的に自重しよう。アニメ視聴自体は、これまで通り楽しむけどね!(笑)。

B型H系 OP(HD)


D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です