「合意なき離脱」で揺れる英国議会に「合意なき脱衣」集団が出現

  • 英議会下院で欧州連合(EU)離脱をめぐる審議中、本会議場の傍聴席に半裸の活動家集団が現れ、議場は一時騒然となった
  • 男女12人が傍聴席で服を脱いで半裸となり、政治的主張を書き込んだ背中を議場に向けた
  • 「緊急事態がある。EU離脱ではなく、気候変動だ」と訴えるのが目的だったという


「意固地議会と憔悴淑女の泥沼議場」で突然発生した


「とある環境活動家の肉体演説(フラッシャー)」騒動


まさに「下ネタで自己主張という概念が存在するいつもの大英帝国」


「この素晴らしい変態王国に祝福を!」

英議会傍聴席に半裸集団=EU離脱審議を妨害

【ロンドン時事】英議会下院で欧州連合(EU)離脱をめぐる審議中、本会議場の傍聴席に半裸の活動家集団が現れ、議場は一時騒然となった。
気候変動問題への対応を訴える抗議活動の一環だったが、EU離脱で混乱する英政治の無秩序ぶりが一段と際立つ格好となった。
抗議活動が行われたのは1日夕。男女12人が傍聴席で服を脱いで半裸となり、政治的主張を書き込んだ背中を議場に向けた。議場は騒然となり、EU離脱の審議も妨害された。活動家らはその後身柄を拘束された。
活動家は環境保護団体「エクスティンクション・レベリオン」のメンバーで、「緊急事態がある。EU離脱ではなく、気候変動だ」と訴えるのが目的だったという。

(2019/4/2 時事通信)

ここで「【MMD】Tda式改変ミクさんでConqueror.」を紹介。

マジメな話、今の英国は「21世紀最初の20年間で最大の道化」になっちまったなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です