【Z会は風評被害】周囲の堅気企業が関わりを忌避し始めたNGT48【一正蒲鉾はCM中止】

  • 各所に余波が広がっている。
  • きのう14日には運営の『AKS』責任者で取締役・松村匠氏らが都内で会見し、対応の遅れなどを改めて謝罪していた。

その上で、Z会はともかく、NGT48の地元企業・一正蒲鉾がCMを取りやめた件は地味にキツイ。メンバー個々人にではなく、NGT48というアイドルグループ全体のイメージに対して相当ネガティブな感情を持っているということだから。

もっと露骨に言うと、CMに出演していた西潟茉莉奈ら特定のメンバー個々人にではなく、NGT48というアイドルグループ全体に対して、「関わりを持ちたくない」という意思表示をされたことがキツイ。山口真帆女史への暴行事件を巡る一連の騒動は、AKB48その他の姉妹グループがいつもやってるような「問題メンバーを『卒業』させてハイ終わり」という問題じゃなくなっていることを示唆しているから。

でもまあ、それも致し方なしか。

「覆水盆に返らず」どころか、溢した水を掬う努力をする前に漏水の事実を隠蔽しようとして、その挙句、周囲を泥水だらけにするような無責任運営がのさばっていたのじゃからのう。NGT48は。

一度壊れたブランドというか信頼はそうそう簡単には修復できない。AKB48一派というより、地域連携型アイドルグループとしてNGT48が置かれている状況がどこまで深刻か、秋元康やAKS上層部は正確に理解しているのかな。とてもそうは見えないが。

NGT山口の暴行被害で各所に余波 『一正蒲鉾』CM中止、『Z会』から異例の声明も

新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が暴行被害を受けた件をめぐり15日、新潟市の水産加工業『一正蒲鉾』はグループを起用したテレビCMの放映を中止すると同社の公式サイトで発表した。
サイトでは「当社CM放映について」とした文書を掲載し「この度はNGT48の当社CM放映につきまして、お客さまより大変貴重なご意見をいただいております。感謝申し上げます」とし、「NGT48の件につきましては現在のところ報道以上の事実確認ができておりませんが、ご意見を真摯に受け留め、CMでの放映を差し控えさせていただきます」と発表した。
また、今回の事件をめぐっては山口への暴行に及んだ男らが「Z会」と呼ばれるファングループの一員であったことが一部で報じられていた。これを受け14日、通信添削事業などを展開する『Z会グループ』も公式サイトで「このほど、一部の報道において『Z会』の名称が語られておりますが、株式会社Z会をはじめとするZ会グループ各社とは一切関係ございませんので、お知らせ申し上げます」と声明を発表する事態となっており、各所に余波が広がっている。
発端は、山口が9日朝に投稿した「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」というツイート。これにファンから心配の投稿が相次いだが、NGT48側はコメントを発表せず、10日にNGT48劇場で行われたグループ3周年記念公演に山口が出演し、騒動となったことを謝罪。その後、運営側が公式サイトで一連の経緯などを説明。きのう14日には運営の『AKS』責任者で取締役・松村匠氏らが都内で会見し、対応の遅れなどを改めて謝罪していた。

(2019/1/15 ORICON NEWS)

ここで「総統閣下はアニメ『バーチャルさんはみている』の出来にお怒りのようです」を紹介。

2019/1/15時点において、NGT運営及びAKS上層部は、「バーチャルさんはみている」事件におけるドワンゴより1000倍酷い評価を世間から受けていると自覚した方がいい(真顔)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。