遊覧飛行に使われていた1939年製ドイツ空軍機「Ju52」が墜落 〜 スイス

 AFP通信によると、墜落したのは、1939年にドイツのユンカース社が製造した「Ju52」。

いくら物持ちのいいドイツ人がケアしているドイツ空軍の傑作機だからといって、

こういう時代設定のこういうネタに使われている骨董機を21世紀の商業飛行に使うのは、流石に無理があったのではなかろうか。

現地では同時間帯に別の機体も墜落しているそうだから、機体の耐久年数だけの問題じゃないとは思うけど、事故そのものとは別の哀しさを感じる報道だわ。

旧軍用機墜落、20人死亡=アルプスで遊覧飛行中―スイス

【パリ時事】スイス東部グラウビュンデン州で4日午後、遊覧用の旧軍用機が標高2540メートルのアルプス山脈の山地に墜落し、乗員3人と乗客17人の計20人全員が死亡した。
州警察が明らかにした。
AFP通信によると、墜落したのは、1939年にドイツのユンカース社が製造した「Ju52」。飛行機の運営会社はサイト上で「乗客と乗員および遺族に深い悲しみを表明する」との声明を出した。運営会社は事故後、飛行機の運航を停止した。

(2018/8/5 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。