誰が妨害しているのかが気になるイラクの失業対策 ~ 抗議デモで死傷者多数

とりあえず得をするのは、イランとシリアだよね。

ついでにロシア。

こわいこわい。

イラクで抗議デモ、3人死亡 失業対策が行き届かず

イラク南部の油田地帯バスラなどで、失業や、電気や水道の公共サービスが行き届かないことに対する抗議デモが広がっている。AFP通信などによると、バスラと南部マイサン州でデモ参加者3人が死亡し、治安部隊を含む数十人が負傷したという。
デモは8日にバスラで始まり、イスラム教シーア派の聖地ナジャフや首都バグダッドに広がった。ロイター通信によると、ナジャフでは13日、デモ隊数百人が空港に押し入り、航空機の発着が一時中止された。
アバディ首相は13日にバスラを訪れて知事らと対策を協議したが、デモは収まっていない。
イラクは昨年12月、過激派組織「イスラム国」(IS)の戦いの終結を宣言し、復興の途上にある。5月に総選挙が行われたが、電子投票システムなどで不正があったとして、票の再集計が行われている。新政権発足のめどは立っておらず、デモで混乱が広がれば、復興がさらに遅れるとの懸念もでている。(ドバイ=高野裕介)

(2018/7/15 朝日新聞)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です