エルドアン大統領独裁体制2.0へ ~ トルコ大統領選

トルコでは選挙後、議院内閣制から大統領制に移行し、エルドアン大統領が就任すれば閣僚の任免や大統領令を出す権限など、強大な権限を持つことになる。

これが分かってる上で、エルドアンに全権委任一歩手前まで任せちゃってるトルコ国民の明日はどっちだ。

まあ、プライドの高いトルコ人が、最後の最後まで独裁者の言うことを聞いて大人しくしているとは思えんけどな。

キレたら怖いよトルコ人。

普段がアバウトな紳士淑女な分、怒らせたらマジ怖いって。いやホント。

起こんねーかなー。トルコでマジ怖いコト。

現職トルコ大統領“勝利宣言”独裁化懸念も

24日に行われたトルコの大統領選挙で、強権的と指摘される現職のエルドアン大統領が勝利を宣言し、独裁化への懸念が広がっている。
「国民は我々に大統領の任務と行政権を委ねた」―24日、エルドアン大統領は、過半数を獲得したと地元メディアが伝えたのを受けて勝利宣言した。
一方、反発する野党支持者らは抗議の声を上げている。
トルコでは選挙後、議院内閣制から大統領制に移行し、エルドアン大統領が就任すれば閣僚の任免や大統領令を出す権限など、強大な権限を持つことになる。
市民「今の政権が勝利を宣言すれば、この国を独裁体制に変えてしまうだろう」
15年以上にわたり政権を率いてきたエルドアン大統領の独裁化が進むとの指摘もあり、懸念が広がっている。

(2018/6/25 FNN)

ここで「【Lunatic】えなみ教授の東方漫画【その24】」を紹介。

独裁者を生み出すのは国民の責任。つっても、国民全部が普段から↑こんな感じで、独裁者が脱糞しながら亡命すること確実なステキキャラ揃いになられても困るけどな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です