インドネシア・スラバヤのキリスト教会3カ所の同時爆破テロは、ISシンパ一家6人による犯行

 ティト・カルナビアン(Tito Karnavian)国家警察長官によると、自爆の実行犯は、9歳と12歳の娘2人、16歳と18歳の息子2人、両親の6人で、この一家はISを支持する過激派組織「ジャマー・アンシャルット・ダウラ(JAD)とつながりがあったという。

 母親と娘2人は、顔を覆う「ニカブ」を着用し、腰に爆弾をまいて1か所の教会の敷地内に侵入し自爆したという。JAD下部組織の指導者とされる父親は爆弾を積んだ車で別の教会に突入したとみられ、息子2人はバイクで爆弾とともにサンタマリア・カトリック教会(Santa Maria Catholic Church)に突っ込んだという。

「そんなにISの思想に殉じたければ一人で死ねよ。クソ親爺」

ひっどい話。本当にひどい話。テロの被害規模もさることながら、実行犯の正体が酷すぎる。

自爆した一家6人のうち、IS支持の現地過激派組織「ジャマー・アンシャルット・ダウラ(JAD)」関係者の父親は今回のテロ全ての責任を背負って問答無用でジャハンナムへ墜ちますように。母親は、テロで多人数を死傷させたこと以上に、主に子供たちを守れなかった罪で責め苦を受けますように。16歳と18歳の息子2人には、バルザフでこってり絞られた後、年齢と犯した罪に応じた罰が加えられますように。9歳と12歳の娘2人には、正しい意味の「イスラーム」で寛大な処分がもたらされますように。

3教会への爆弾攻撃、一家6人が自爆 インドネシア

【AFP=時事】インドネシア第2の都市スラバヤ(Surabaya)の3か所のキリスト教会で13日朝に発生した爆弾攻撃について、警察は、一家6人の自爆によるものだったと明らかにした。また事件について、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した。
イスラム教徒の人口が世界最多のインドネシアのキリスト教会で発生したこの自爆攻撃では、これまでに少なくとも11人が死亡、41人が負傷している。
ティト・カルナビアン(Tito Karnavian)国家警察長官によると、自爆の実行犯は、9歳と12歳の娘2人、16歳と18歳の息子2人、両親の6人で、この一家はISを支持する過激派組織「ジャマー・アンシャルット・ダウラ(JAD)とつながりがあったという。
母親と娘2人は、顔を覆う「ニカブ」を着用し、腰に爆弾をまいて1か所の教会の敷地内に侵入し自爆したという。JAD下部組織の指導者とされる父親は爆弾を積んだ車で別の教会に突入したとみられ、息子2人はバイクで爆弾とともにサンタマリア・カトリック教会(Santa Maria Catholic Church)に突っ込んだという。【翻訳編集】 AFPBB News

(2018/5/13 AFP-BB)

ここで「【MMD】宇志海いちごと物述有栖で乱躁滅裂ガール」を紹介。

幼女と少女は愛でる対象。間違っても爆弾を抱かせて炸裂させる対象じゃない。少なくとも、そのために生まれてきた存在じゃない。絶対に。絶対にだ。

 

1 個のコメント

  • スラバヤでまた爆発=インドネシア(2018/5/14 時事通信)

     【スラバヤ(インドネシア)AFP=時事】インドネシア第2の都市スラバヤの警察署で14日、爆発があり、少なくとも1人の警官が被害に遭った。
     警察報道官が明らかにした。警官が死亡したかどうかは言及しなかった。スラバヤでは13日、キリスト教の教会を狙った一連の自爆テロが起きたばかり。

    便乗か。一端か。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です