ウクライナのヤツェニュク首相がパナマ文書で辞任な件について

経済悪化や汚職対策への不満から支持率は低迷し、連立与党に参加した政党も相次ぎ離脱を表明するなど、政治混乱が深刻化していた。

 記事内ではこう書いているし、NHKCNNロイターをはじめとした他のニュースソースでも似たり寄ったりだが、このタイミングでの辞任の引き金は、どう考えてもパナマ文書。

 所詮、今のウクライナのポロシェンコ&ヤツェニュク体制は、欧米の対露工作のために作られた大衆煽動システムだ。背景や理由はどうあれ、大衆の支持を得られなくなり、米帝の役に立てなくなったことが決定すれば、即お役御免。おっかなくも当然の結論と言うべきか。4/6のEU・ウクライナ協定に対して「No!」を突き付けたオランダ国民投票の影響も若干はあるだろうが、こちらは、ぶっちゃけ誤差だよな。

 さて、いずれにせよ、内憂外患対策待ったなしのウクライナ。グロイスマン体制に代われば事態は好転するのか?

f:id:kagura-may:20140316193425p:image:w300

「無理ダナー」「無理ダネー」

 むしろ事態は悪化するだろ。米国は新大統領が決まるまで何もできない。EUは難民とテロ対策で身動きが取れない。遠からず、国際社会からの不介入とウクライナ内部の混乱のスキをついて、ロシアからの再侵攻が始まるよ。今度はウクライナ東部から南部・オデッサ方面へのルートで。

ウクライナ首相が辞任へ 経済悪化、汚職対策停滞で支持率低迷

 【モスクワ=黒川信雄】ウクライナのヤツェニュク首相は10日、テレビ番組で辞意を表明し、12日に最高会議(議会)に辞表を提出すると発表した。インタファクス通信が伝えた。

 ヤツェニュク氏は2014年2月の親欧米派による政変後に首相に就任した。しかし経済悪化や汚職対策への不満から支持率は低迷し、連立与党に参加した政党も相次ぎ離脱を表明するなど、政治混乱が深刻化していた。

 国際通貨基金(IMF)は改革の遅れを理由に、承認済みの対ウクライナ融資の一部しか実施していない。ウクライナは政治体制の刷新により、国際社会からの支援をつなぎ留めたい思惑がある。

 ヤツェニュク氏の後任には、ポロシェンコ大統領の支持基盤である与党「ポロシェンコ・ブロック」が推すグロイスマン最高会議議長が有力視されている。

(4月11日 産経新聞)

 ここで「【MAD】プリキュアも奇妙に冒険 第四部 インフィニティは砕けない」を紹介。


D

うぷ主コメントw

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。