宮原知子、初の国際ビッグタイトルを獲得 ~ フィギュアスケート四大陸選手権・女子シングル

 今回のメンバーの中では、明らかに格と技量の双方で一段上の水準に居た宮原女史が優勝。村上佳菜子女史の7位には「?」だったけど、全体としては波乱の無い大会だったかなと。

 ロシアの無敵艦隊もとい無敵艦娘もといプラチナ世代を相手に、宮原女史は世界選手権でどこまで上位に食い込めるか。ちなみに今大会でマークした214.91点は、先月のヨーロッパ選手権でロシア女王のエフゲニア・メドベージェワ女史が記録した215.45点に迫る。来月、少なくとも良い勝負はできそうだ。

f:id:kagura-may:20160220233845j:image:h250

 演技とは直接関係無いけど、今日の李子君女史の衣装と演技冒頭のステップには、「萌え」構成点の最高位を差し上げたいね。個人的に。

宮原が四大陸選手権初V 本郷は3位に入る=フィギュアスケート

 フィギュアスケートの四大陸選手権が20日、台湾の台北アリーナで行われ、女子フリースケーティング(FS)では宮原知子(関西大中・高スケート部)が自己ベストとなる合計214.91点をマークし、初優勝を飾った。本郷理華(邦和スポーツランド)は181.78点で3位に入り、村上佳菜子(中京大)は175.12点で7位だった。2位は6年ぶりに自己ベストを更新した長洲未来(米国)。

 18日のショートプログラムで首位に立った宮原は、この日のFSでも安定した演技を披露。冒頭の3回転ルッツ+2回転トウループ+2回転ループのコンビネーションをきれいに決めるなど全日本選手権2連覇中の実力を見せつけた。過去2年の四大陸選手権ではいずれも2位に終わっていたが、その悔しさを見事に晴らした。

 宮原は来月行われる世界選手権にも出場。名実ともに日本のエースとして大会に臨む。 

(2月20日 スポーツnavi)

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。