「類は朋を呼ぶ」で止めておかないと厄介な流れ ~ サラ・ペイリンがドナルド・トランプの支持を表明 -米大統領選 共和党指名争い-

 ポピュリストな政治家個々人を恐れる必要はない。しかしポピュリスト共が徒党を組んで、ポピュリズムが勢力を増大する展開には、警戒するべき。

f:id:kagura-may:20160110173508j:image:w300

 なんでもかんでもフュージョンすればいいってもんじゃねーぞ。

保守代表格ペイリン氏、トランプ氏支持を表明 米大統領選

【1月20日 AFP】2008年の米大統領選の共和党副大統領候補で、保守派を代表する存在となったサラ・ペイリン(Sarah Palin)元アラスカ(Alaska)州知事が19日、今年の米大統領選の共和党指名争いでトップを走る不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏への支持を表明した。

 米大統領選は、候補者選びの初戦となるアイオワ(Iowa)州党員集会まで2か月を切っている。ペイリン氏は、トランプ氏陣営が公表した声明の中で「私は誇りをもって、米大統領にドナルド・トランプを推薦する」と述べた。

 この日、アイオワ州エイムズ(Ames)で開かれたトランプ氏陣営の集会で同氏への支持が明らかにされることは、かねて予想されていた。トランプ氏は声明でペイリン氏について「友人であり、私が非常に尊敬している有能な人だ。彼女の支持を得られて光栄だ」と謝意を表した。

 ペイリン氏は、08年の大統領選で副大統領にはなれなかったものの、政界に影響を及ぼす存在となった。ペイリン氏のトランプ氏支持は、アイオワ州でトランプ氏と接戦を演じ、全米の共和党候補支持率でも同氏に次ぐ2位につけるテッド・クルーズ(Ted Cruz)上院議員にとって打撃となるとみられている。(c)AFPBB News

(1月20日 AFP-BB)

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。