「赤い大地」に地殻変動 ~ 鈴木宗男代表@新党大地、4月の衆院北海道5区補選で、自民党公認の和田義明氏支援を表明

 鈴木宗男が、故・町村信孝の次女の婿・和田義明氏に「勝機あり」と判断した、現地の選挙事情もさることながら、ムネオが、正式に「オール野党の共闘には乗らない」と表明したインパクトの方が大きい、国政選挙への波及効果。

 これって、単に鈴木宗男が共産党への不信感を募らせているというより、民主党が描く選挙協力図にNo!を突きつけているってことだよな。ムネオが。つまり、これの前振り。

f:id:kagura-may:20140823093926j:image:w300

「娘である鈴木貴子衆議院議員@新党大地代表代理の、自民党合流」

 平沼赳夫が、娘の平沼廣子を自民党に拾ってもらうことを条件に、「無条件降伏」復党したのと同じ構造。多分、園田博之の復党のケースも同じ。そして、おそらく鈴木宗男もそれに続く。

 これは、思いのほか、面白い選挙戦が展開されそうだ。4月の補選でじゃなく、7月の参院選あるいは衆参ダブル選で。

鈴木宗男氏「人物本位で」自民候補支援へ…補選

 町村信孝・前衆院議長の死去に伴う4月の衆院北海道5区補選に関連し、北海道の地域政党・新党大地の鈴木宗男代表は9日、札幌市内で開いたセミナーで、自民党公認で出馬予定の町村氏の次女の夫・和田義明氏(44)の支援を表明した。

 鈴木氏は取材に対し、「人物本位で判断していくしかない」と語った。鈴木氏は野党統一候補の擁立を模索していたが、共産党を含めた統一候補には否定的な考えを示していた。

 同補選を巡っては、民主党道連常任幹事の池田真紀氏(43)が出馬を表明。共産党は、橋本美香氏(45)の擁立を内定しているが、志位委員長は候補の取り下げの可能性に言及していた。

(1月9日 読売新聞)

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。