【政局打破としての外敵利用は】北朝鮮に外務省局長らを派遣 ~ 日本人拉致問題【良くあること】

 被害者家族はじめ国内に慎重論も多い中での強行。色んな意味で賭けだな。

拉致再調査 外務省・伊原局長ら27日に平壌入りで調整

 政府は21日、北朝鮮の特別調査委員会による拉致被害者らの再調査の進捗(しんちょく)状況を聴取するため、27日に調査団を平壌入りさせる方向で調整に入った。政府関係者が明らかにした。北京の大使館ルートで北朝鮮側と調整している。調査団トップは外務省の伊原純一アジア大洋州局長が務め、警察庁、拉致問題対策本部の担当者ら数人が同行する。

 政府は4日程度の平壌滞在を想定している。26日に北京に到着し、翌27日に民間航空機で北京から平壌に入る日程を打診しているという。

 伊原氏らは、国家安全保衛部副部長で調査委委員長の徐大河(ソデハ)氏と会談し、調査の経過や取り組みを直接聴取する。拉致被害者の安否再調査が最優先であることを伝え、早期の結果報告を強く求める。岸田文雄外相は21日の記者会見で「しかるべき立場の人に拉致問題が最重要課題だと伝え、現状について質問をぶつける」と述べた。

 調査団派遣は、9月29日に中国・瀋陽で行われた日朝外務省局長級協議で北朝鮮側が提案し、安倍晋三首相が今月20日に派遣を表明した。拉致問題で調査団が訪朝すれば平成16年11月以来、10年ぶりとなる。

(10月22日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。