【昼夜を問わず】中学校の体育教諭・草薙宏亮容疑者、14歳JCに「夜の保健体育」授業を実施して逮捕【教育熱心】

 「捕まったのは保健体育の中学校教諭」「相手は家出中の女子中学生」。ここまで、自分たちの方からネタを揃えているんだから、取り上げてあげなきゃ可哀想というもんだろう。仮に「そんなの望んじゃいない!」って言うなら、少なくとも草薙容疑者は、自分が今背負っている爆弾の危うさと看板の重みを考えて、JCに手を出したりすんじゃなかったな。それはそうとして、

女子生徒は同じ学校に通う別の女子生徒からインターネットを通じて知り合った草薙容疑者を紹介されたという。

 これってさ、家出少女や夜遊び少女たちにとって草薙容疑者が、身体と引き換えに寝場所を提供してくれる「神」としてメジャーになっていたってことじゃないの?。だとしたら、前科は1つや2つじゃないぞ。松原弘典@元・慶大准教授みたいに、自宅のPCからJSやJCのアレがゴロゴロ出てきて、同好の士が芋づる摘発されたりしてね。

神待ち少女 (双葉文庫)

神待ち少女 (双葉文庫)

青保条例違反容疑:家出中の女子を自宅に 中学教諭を逮捕

 家出中の女子中学生にみだらな行為をしたとして、神奈川県警茅ケ崎署は22日、川崎市中原区下新城、同市立中学校教諭、草薙宏亮(ひろあき)容疑者(26)を県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年10月5日午後10時〜同6日午前6時ごろ、当時中学3年で14歳だった同県内の女子生徒を自宅アパートに連れ込み、みだらな行為をしたとしている。

 女子生徒は同じ学校に通う別の女子生徒からインターネットを通じて知り合った草薙容疑者を紹介されたという。

 川崎市教育委員会によると、草薙容疑者は2012年4月に採用され、保健体育を担当している。【水戸健一、鈴木敬子】

(4月22日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です