【大局のために】商船三井のタンカーを中国の上海海事法院が差し押さえ【この1隻を生贄にするなかれ】

f:id:kagura-may:20140318134815j:image

 日本コークスと三菱マテリアルが被告になっている強制連行裁判の前裁きと、オバマ大統領の訪日前の軽いジャブだ。商船三井は狼狽えることなかれ。本件は、「国」が「外交」で処理する問題だ。くれぐれも勝手に手打ちは無しよ。

商船三井の船舶差し押さえ=戦時中の賃借訴訟敗訴で-対日圧力の一環か・中国

 【北京時事】中国の上海海事法院(裁判所)は20日までに、1930年代の船舶賃借をめぐり中国で行われた訴訟で敗訴したが、損害賠償の支払いに応じてこなかった商船三井の大型船舶1隻を浙江省の港で差し押さえたと発表した。戦時中の財産が損失を受けたとして、日本企業が中国国内で現有する財産が差し押さえられるのは極めて異例。

 靖国神社参拝など歴史問題で日中関係が悪化する中、中国当局による対日圧力の一環の可能性が高い。戦時中に日本へ強制連行された中国人元労働者らの提訴も相次いでおり、被告の日本企業を揺さぶる狙いもありそうだ。(2014/04/20-20:59)

(4月20日 時事ドットコム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です