【聖戦士になりたいんです!】14歳のフランス娘がアサド政権打倒を目指して、シリア渡航騒動を起こす【中二病の鑑】

 「シリアのジャンヌ・ダルク」になりたかったのかねえ。このコ。

 中二病云々は抜きにして、この世代は何かと感化されやすいもんだから、一概にバカ扱いするのも可哀想。が、航空券と勇気だけ携えて戦地に向かっても、800年前の先輩たちと同様、悪い大人の喰い物にされるだけやで。ナイフとランプを鞄に詰め込んだら、気のいい飛行船海賊一家がもれなく巨悪退治のサポートしてくれるのは、宮崎駿アニメの世界だけ。だよなあ、親方。

 記事を読んだ感じ、真面目そうなコではあるから、改めて周りの大人がきちんと導いてあげれば、良い方向に進むんじゃないかな。とりあえず、14歳の女の子ということなので、

f:id:kagura-may:20140302151531j:image

「フランスのプリキュアチームを結成して、地元の悪党を懲らしめるところから始めようか!」

 ダメじゃん。

 …ダメか?

 それにしても、シリアでの戦いほど聖戦の似合わない殺し合いはないのに、その戦場に嬉々として参加しようとする素人まで出てくる…寒い時代だと思わんか?byワッケイン。

父に携帯で「シリア聖戦に参加」、少女を保護

【パリ=三井美奈】AFP通信によると、仏中部リヨンの空港で先週、14歳の少女がシリアのアサド政権打倒を目指す「聖戦」参加を目指して渡航する直前、司法当局に保護された。

 仏では1月、シリア参戦を目指した15歳と16歳の少年が身柄拘束されており、政府は10代への過激主義の浸透に危機感を強めている。

 同通信によると、少女は中学生でトルコ行きの片道航空券を自分の貯金で購入。父親に携帯電話で「聖戦に参加するため、フランスを出る」というメッセージを送信し、驚いた父親が地元の検察に通報したという。

(3月5日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。