亀田大毅が「試合で負けても防衛成功」の珍記録

計量失敗の対戦者を、そのままリングに上げたのが悪いのか。試合が終わった後で、見解を翻すのが悪いのか。

とりあえずアレだ。訳わからん。

えっ?大毅、負けたけど防衛成功!?IBF立会人「勝っても負けても王者は亀田」

「IBF・WBA世界Sフライ級王座統一戦」(3日、ボディメーカーコロシアム)

ボクシングの3大世界戦「亀田祭り2013」が3日、大阪・ボディメーカーコロシアムで開催され、メーンイベントのIBF・WBA世界スーパーフライ級王座統一戦では、IBF同級王者の亀田大毅(亀田)が、前WBA同級王者のリボリオ・ソリス(ベネズエラ)に1‐2の判定で敗れ、王座統一に失敗した。

本来ならIBFとWBAの王者同士の激突となるはずだったが、試合前日の11時から行われた計量でソリスが同級リミット(52・1キロ)をクリアできずに王座を剥奪。大毅が勝てば王座統一、引き分けならIBF王座は大毅の防衛でWBA王座は空位のまま、ソリス勝利なら両王座が空位になるという変則的な形式で試合を決行すると計量後に発表していた。

しかし試合後、IBFの立会人であるリンゼイ・タッカー氏(米国)が「IBFの王者は、勝っても(負けても)カメダ。カメダはIBFのチャンピオンとして残る」と明言。判定負けした大毅の初防衛成功を発表した。WBAは空位のまま。

(12月3日 デイリースポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。