週刊ビッグコミックスピリッツ13号

 次期中国大使は飯村インドネシア大使ではなく、大鳳会(‘A`)の榎インド大使でもなく、チャイナスクールの宮本沖縄担当大使。が、中国課長は、あの秋葉剛男。これの真意をどう理解しているか倉科遼に聞いてみたいものです。

今号の注目作品

「QUOJUZ」~連載再開おめ☆ 柏木ハルコの描く女性は一見「淫」でその実「艶」なのが好き。明るいエロ万歳。背徳の悦び?知りませんな。心をどこかに置いたままのHなんて、仕事残したまま飲み会やってるみたいでつまんない。

「fine」~さて、ピエロはどっちだ?>上杉&島津。関ヶ原じゃどっちもピエロだったけど(違)

「バンビーノ!」~自分の年輪を自然に出せるオトナはいい。オトナがかっこいい漫画はいいなあ。

「中退アフロ田中」~ラスト、その台詞を吐ける境地って…「悟り」?

「現在官僚系もふ」~ダウト。看板しょってる時の官僚の喧嘩はそんなストレートじゃない。少なくとも土下座いっちょで済ましはしないっすよ。内部告発者ですか…罠に1票。

「ラストイニング」~浅慮一秒怪我一生。何とかと何とかは養いがたし。

「ひとりずもう」~男からすると、制服集団になった女の子もちょっと怖かったもんです>中学時代

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」~「釣った魚に…」とは言うけれど、イベントクリアにしか興味が無い男はいやだねー。

「DAWN」~中国の官僚に長期の一貫性を求めてはいけない。ポストを問わず、担当者が変れば判断も裁量も全てが変わる。官僚自身がコロリと変わる。法は建前、治は人・人脈ベースで非常に流動的。そして、その傾向は政治よりも経済に対してより強い。作者には現地日系企業への取材を是非お勧めする。

「たくなび」~男子一生の仕事は一生やってみないとわからんもんです。あがけ。焦らずに。

 

いぬ 1 (ヤングサンデーコミックス)

いぬ 1 (ヤングサンデーコミックス)

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です