「伊勢ろく」で一杯

 最近、仕事や社内政治に煮詰まっている神楽ですが、この日は腹を割って話するのと気晴らしのために上司と一緒に呑みに行きました。うーんとても健康的な動機(違)。

 場所は上司行きつけの神田は「伊勢ろく」。親子丼と鶏づくしコースしかない小さなお店ですが、とりあえず「安い」そして「旨い」。東北の地鶏を直接仕入れているそうで、素材がとても新鮮(レバーがミディアムレアなのに全く生臭くないのです)。地鶏のワリに比較的淡白な味なのは仕様なのか分かりませんが(炭火焼きじゃないし)、神楽的にはオッケー。お勧めは皮煮込みスープ。今回は一番ベーシックなコースと皮とツクネの串焼きだけでしたが、今度は親子丼も試してみようかな。あと、お酒のレパートリーをもっと増やしてくれるといいんだけれど。

 え?肝心の上司との会話ですか?カウンターの隣のカップル(ありゃ社内恋愛か○倫だな)の艶っぽい会話に耳がダンボになってしまってたので、何を話したか覚えてません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です