K-1が中村ノリにラブコール、日本人選手育成プロジェクト始動

 正直、この手の「晒し者」は曙だけで十分(総合からは撤退するらしいけど>横綱)。でも、徹底して「K-1=ショウ」と割り切っている谷川Pからすれば、注目を集められる晒し者は多いに越したことはないんでしょうね。どうせ「メインイベントのツマ」「裏番組との視聴率合戦用調整弁」なんだからと。

 一方のノリも、進退窮まっている上に元々「美学」にこだわるタイプじゃないから、場合によっちゃ形振り構わず参加しちゃうかもしれないですね。そしたらセコンドは、同じくお先真っ暗な「ひき逃げ」前川@元同僚か?。チーム名は「はぐれオリックスコンビ」とか付けられそう(ニガワラ)。

 K-1が日本人強化に本腰を入れる。谷川貞治K-1イベントプロデューサーは25日、都内ホテルで会見を開き「K-1 JAPAN戦士育成プロジェクト」の発足を発表した。魔裟斗ら日本人選手が活躍するミドル級に比べ、ヘビー級は深刻なタレント不足。昨年のWORLD GPでは日本から武蔵とアジアGPを制した藤本祐介が開幕戦に出場したのものの2人とも敗退し、東京ドームでの決勝戦に日本人が1人もいないという最悪の状況に陥ってしまった。そして、この危機的状況を乗り切るために、新たな才能発掘に本気で取り組むことになった。このプロジェクトのために、昨年現役を引退したアーネスト・ホーストとマイク・ベルナルドをコーチとして迎えることも決定。2人の英才教育で強い日本人を育成する。

 今回はキックボクシング、ボクシング、空手、総合格闘技などの格闘技経験者だけでなく、野球やサッカー、ラグビー、アメフットなど、ジャンルを問わず幅広くアスリートを募集。テレビで自由契約になった野球選手のドキュメンタリーを見たという谷川プロデューサーは「みんなまだ若くて身体能力が高いのにもったいない。あと、もしどこにも行くところがないのなら中村ノリ選手にも挑戦してもらいたい」と、オリックス・バファローズを自由契約になった中村紀洋にもラブコール。「やったら絶対に強いと思いますよ」とプロジェクト参加を呼びかけた。

(2007年1月25日(木) スポーツナビ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です