1500億円で香港借り上げ=天安門事件当時、財界人が提案

 「借りてしまいたいんです。百万ドルの夜景の美しさのわからない人たちから香港の町を。香港の良さのわかる人たちだけの都をつくりたい」

 うーん、怪奇大作戦チックでいいなあ♪。

DVD 怪奇大作戦 Vol.6

DVD 怪奇大作戦 Vol.6

 【香港3日時事】1980年代に中国の新華社通信香港支社長として返還作業に取り組んだ許家屯氏がこのほど、居住先の米国で香港のケーブルテレビのインタビューに応じ、89年の天安門事件後、ある地元財界人から100億香港ドル(約1500億円)で香港を10年間借り上げたいとの意向を伝えられていたことを明らかにした。香港人による自治の確保を目指した申し出だったという。 

(7月3日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です