1位ゲイツ氏、2位ジョブズ氏――IT業界に影響を及ぼした人物ランキング

 TOP10の詳細はこちら。マーク・アンドリーセン@Netscape Navigatorの開発者やティム・ バーナード・リー@HTML/HTTP/WWWの発明者が入っていないのはwhy?。マイケル・デルとかより、よっぽどIT業界への影響度は上な気がするんだけどなー。

 米国のIT業界団体Computing Technology Industry Association(CompTIA)は11月7日、「過去25年でIT業界に最も影響力を持った人物」の投票結果を発表した。CompTIAの25周年を記念したもので、IT業界の473人がWebベースで投票を行った。

ビル・ゲイツ氏 1位は、米Microsoftの共同創業者ビル・ゲイツ会長。1975年に同社を興したゲイツ氏は、投票者の84%の票を集めた。2位は、米Appleの共同創業者スティーブ・ジョブズCEOで、得票率は73%だった。

 3位は1984年に米Dellの創業者マイケル・デル会長兼CEOで、53%の票を集めた。4位は、Linuxの開発者、リーナス・トーバルズ氏と、米Googleの創業者サーゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジ氏が得票率47%で並んだ。

(2007年11月10日 ITmedia News)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です