W杯決勝 イタリア6大会ぶり優勝 PK戦でフランス降す

 【ベルリン安間徹】サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は9日(日本時間10日未明)、当地の五輪スタジアムで決勝戦が行われ、1-1からPK戦にもつれ込む接戦の末、イタリアがフランスを降し、82年スペイン大会以来6大会ぶり4回目の優勝を飾った。優勝4回はブラジルの5回に次ぎ単独2位。自国開催の98年大会以来2大会ぶり2回目の優勝を狙ったフランスは、一歩及ばなかった。6月9日から1カ月に及ぶ祭典は幕を閉じ、大会得点王は通算5得点をマークしたクローゼ(ドイツ)に決まった。

 先制したのはフランス。前半7分、マルダが倒されて得たPKを、今大会限りで現役引退する主将のジダンが落ち着いて決めた。しかしイタリアもすぐに反撃。19分、右CKから攻め上がったマテラッツィが頭で合わせて追い付いた。

 後半はフランスが左サイドを起点に攻勢を仕掛けたが、ゴール前を固めたイタリアの守りを崩せず延長戦に突入。フランスは延長前半14分、右クロスをゴール前でフリーのジダンが頭で合わせたが、GKブフォンの攻守に阻まれた。

 ジダンは延長後半5分、プレーとは関係ない場面でイタリア選手の胸に頭突きをし、一発退場。延長戦でも決着がつかず、PK戦へ。フランスが2人目のトレゼゲが外したのに対し、イタリアは5人全員が決めて熱戦に終止符を打った。

(毎日新聞) – 7月10日

 まずは、イタリアに「PK戦に弱いというジンクスを乗り越えての優勝おめでとう!」。試合自体は「瞬間湯沸かし器MVP」ジダンの退場のせいで未だにスッキリしないけど、これもまたドラマということで目をつぶろうかなあ(^^;。あと、遅ればせながら、ドイツ3位おめでとう&カーンナイスプレー!&代表引退お疲れ様でした。

 次の開催国は南アフリカ。時差は今回とあまり変わらないか…次はもうちょっと体に優しい時間帯で、日本代表には試合させてやって欲しいんだけどなあ。日本のメディアや広告代理店の意向は二の次にしてさ。次はアジア枠減らされるだろうから出られるかどうか自身が厳しいけど、それはそれとしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です