W杯チケット届かず、1200人が観戦ツアー中止

 来月9日に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の観戦ツアーを企画していた旅行会社「マックスエアサービス」(本社・東京都千代田区)が、試合の入場券を入手できずにツアーを中止したことが31日、分かった。

 同社は、中国の旅行会社から入場券を購入する予定だったが、「中国側と連絡が取れなくなった」と説明する。

 国土交通省によると、ツアーの申し込み客は約1200人に上るとみられ、今大会でチケットが入手できずにツアーが中止に追い込まれたのは、国内では初めてという。

 同社は、W杯ドイツ大会・グループリーグでの日本戦3試合について観戦ツアーを企画し、チケット、航空券、宿泊代込みで50万円前後のツアーを企画した。

(読売新聞) – 5月31日

 何が一番の問題だったかは言うまでもないですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です