<W杯F組>日本は引き分け、勝ち点1 クロアチア戦

 【ニュルンベルク(ドイツ)小坂大】サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会第10日の18日、当地のフランケン競技場で、1次リーグF組の日本はクロアチアと対戦。0―0で引き分け、ともに1分け1敗で勝ち点1となった。目標の2大会連続の決勝トーナメント進出のため、日本は最低でも、22日の最終戦で大会連覇を狙うブラジルに勝つことが必要。厳しい状況に追い込まれた。

 F組のもう1試合、ともに勝ち点3のブラジルとオーストラリアは18日午後6時(日本時間19日午前1時)から対戦。勝ったチームが1次リーグを突破する。G組では韓国とフランスが対戦。

 初戦のオーストラリア戦(12日)に1―3で逆転負けした日本は、より攻撃的な4バックの布陣で臨んだ。右足首痛で初戦を欠場したDF加地亮(ガ大阪)が復帰、MF小笠原満男(鹿島)とともに先発で初出場した。

 1次リーグは各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。

 第9日の17日は、D組のポルトガルがイランを2―0で破り、2連勝で40年ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。E組ではガーナが2―0でチェコを降してW杯初勝利を挙げ、イタリアと米国は1―1で引き分けた。

(毎日新聞) – 6月18日

 最悪ではない、しかし完璧に望ましい結果でも無いスコアレスドロー。川口確変継続中で本当によかった~(汗)。とりあえず次は勝つしかないんだから、四の五と言わず玉砕覚悟でブラジル戦頑張って欲しいです>日本代表。

 それにしても、ジーコの指揮(選手交代)がオーストラリア戦よりちょびっとマシだったせいか分かりませんが、クロアチアよりオーストラリアの方が「強く」見えるのは気のせいかな?

 細かい感想はまた後ほど。

<んで、追加感想>

 と言っても、川口の鬼神っぷりと、中田英の孤軍奮闘振りと、稲本の潰し屋っぷりと、加地&中澤の健闘っぷりと、三都主の意外な働きぶり(裏スカスカなのはデフォだからしょうがない)と、中村の体調ヘロヘロぶりと、宮本のへたれっぷりと、高原の気配ゼロっぷりと、玉田の視野の狭さっぷりと、柳沢のどうしようもないお手上げっぷりくらいしか言うことはありませんけど。

 とりあえず、宮本の替わりは坪井?。なんか、その方が「怪我の功名」的に安心する自分がいる(笑)。それとスタメンFW、巻&高原(大黒)ってのはダメですか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です