<自民党>党員獲得数が候補者選びに影響…復党の野田氏見解

 自民党に復党した野田聖子元郵政相が10日、地元の岐阜市内で開かれた後援会の会合で、岐阜1区で佐藤ゆかり衆院議員(比例東海)と競合している現状について、「選挙区調整は不透明だが、より民主的に候補者を選ぶ指標となるのが党員数だと思う」と述べ、復党後にどれだけ党員数を増やせるかが次期衆院選の候補者選びに影響を与えるとの考えを示した。

 野田氏の地元事務所によると、会合には後援会支部の代表ら約250人が出席した。

 冒頭で野田氏は「安倍(晋三)総裁から政策の実行と党勢拡大を全力でやってほしいと言われた」とあいさつ。さらに「党勢拡大といって、一番分かりやすいのが党員数。後援会には党員獲得をやってほしい」と訴えた。

 野田氏は会合後、報道陣に対して、「私が(候補者を)選ぶ側ではない。ただ党務をしっかり果たすという証として、原理原則に戻って(党員獲得を)しっかりやるべきだと思う」と話した。また佐藤氏との直接対話については、「落ち着いた段階で、なるべく早くアクセスをとりたい」と話した。【秋山信一】

(毎日新聞) – 12月10日

 こないだ、パチ屋利権べったりのこいつが「カジノ・エンターテインメント検討小委員会」の小委員長に内定って記事読んだ時も、「ズコー!」「パチ&朝鮮に流れる金を国に取り戻すチャンスをふいにするつもりかー!?>自民党」だったけど、今回のはそれに輪をかけて「ズコー!!」。これから暫くは県民の大半そっちのけで、野田派・ジジイ県議と佐藤派・土建屋県議との党内内ゲバを煽るぜ!ですかそうですか。

 本当に地元・岐阜のこと考えているならさあ、いきなり次の選挙の候補者がどうこう言うよりもさ、「与党議員2名を抱えることになった恵まれた今の状況を活かそう!in岐阜1区」なんて言葉が出てきてもいいんじゃね?。「内(県政・地元への睨み)には野田、外(各種予算確保・誘致)には佐藤」くらいの演説かます演技力見せてもいいんじゃね?。それが結果的に党勢拡大に繋がるじゃね?。「椅子」しか見えてない近視眼な権力志向ってだけならともかく、それがバレバレな発言する段階で政治家特に国会議員としては失格>野田聖子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です