<米女優変死>スミスさんの娘に3人が父親として名乗り

 そのまんま「横溝正史の世界」ですな。にしても

スミスさんに遺産相続権が認められれば、娘に相続権が継承される可能性が高い。このため、これまでにスミスさんの弁護士を長く務めたハワード・スターンさんら男友達3人が父親として名乗り出ている。

 その他記事中にある様々なスキャンダラスな人間関係。醜いこと極まりなし。思わず吐き気を催しちゃいますな。

 【ワシントン吉田弘之】米フロリダ州で8日に死亡した米国の女優、アンナ・ニコル・スミスさん(39)の一人娘(5カ月)をめぐり、3人の男性が父親として名乗り出て、騒ぎに発展している。スミスさんが元夫の石油富豪の莫大な遺産相続権を持つ可能性があるためで、謎の死因を含め米メディアが連日、大々的に報じている。

 スミスさんは92年に「プレイボーイ」誌の表紙モデルに抜てきされ、女優マリリン・モンローの再来と評判になってスターとなった。男性との交際も派手だった。

 スミスさんは94年、26歳で石油富豪のハワード・マーシャルさん(当時89歳)と結婚したが、マーシャルさんは翌年に死亡した。約16億ドル(1900億円)とも言われる遺産相続を巡ってスミスさんは富豪の息子と法廷闘争を展開。カリフォルニア州地裁は00年9月、スミスさんに約4億ドルの相続を認めたが連邦高裁がこれを破棄。昨年5月に連邦最高裁が高裁に裁判のやり直しを命じるなど、二転三転しながら裁判が続いている。

 スミスさんに遺産相続権が認められれば、娘に相続権が継承される可能性が高い。このため、これまでにスミスさんの弁護士を長く務めたハワード・スターンさんら男友達3人が父親として名乗り出ている。9日にはそのうちの1人、芸能記者のラリー・バークヘッドさんがスミスさんの遺体のDNA鑑定を裁判所に申請し却下された。

 スミスさんの娘の出生証明書は父親がスターンさんとなっているが、スターンさんとスミスさんが正式に結婚していないため、他の男性2人も強硬に親権を主張している。バークヘッドさんは訴訟も起こしている。

 スミスさんの死因にも関心が集まっている。スミスさんはホテルで倒れ、病院に搬送後、死亡が確認されたが死因はいまだに不明だ。地元警察は外傷などはなく、犯罪の可能性は低いとしている。スミスさんの母親は9日、「麻薬の過剰摂取の可能性がある」と述べたが、検視の結果、医薬品を含め薬物反応はなく、警察は「死因の特定まで数週間かかる」と話している。

(2月10日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です