<大阪・西成>労働者騒動が3夜連続に 西成署周辺に280人集まりブロック片など投げる

 そもそもは、飲み屋で騒動起こしてポリス沙汰になった労働者その他を、労働組合(という○○○)が焚きつけて「リベンジいったれ!」…という流れだと聞いていますが、「ここまで騒動が長引いている」「にも関わらず主要メディアでは報道自粛」となると、どうもただの騒動大好きっ子による火遊びじゃなさそうですね。

 前回のような「地元893と警察の癒着復活」とか、「大阪サミットと関連した府政・市政担当者への揺さぶり指令」とか、別のドロドロor政治的背景があるのかしらん?。となると、第2ラウンドを仕掛けて来るのは、大阪市外の「ちょっと偉い人」だな。きっと。

 大阪市西成区の府警西成署周辺での労働者らによる騒ぎは15日夜もあり、府警は、機動隊員に投石を繰り返したとして、同市内の運送会社配達員の少年(17)を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。ブロック片などが当たった警察官4人が軽傷を負った。

 同署周辺の騒ぎは13日夜から続いており、3夜連続。この日は午後5時半ごろから、労働者や若者ら約280人が署周辺に集まり、府警の機動隊員らに空き瓶や火の付いた段ボール片、ブロック片などを投げつけた。

(6月16日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です