<交通事故>死亡した子どもらの写真をネット掲載 告訴へ

 交通事故死した6人の子どもの写真がインターネットのホームページ(HP)に大量に掲載されていたことが3日、分かった。HPには遺族を侮辱するようなコメントも載っていた。遺族らは4日、HPを制作、運営した30歳代の小学校の男性教諭を侮辱容疑で警視庁に告訴する。

 HPには、東京の片山隼君ら6人の子どもが掲載されていた。「子どもの写真が載ったHPがある」と匿名のメールが遺族にあり、弁護士と調査していた。

 この弁護士によると、遺族が事故の悲惨さを訴えようと立ち上げたHPの生前の写真などが無断で掲載されていたほか、遺族の感情を逆なでするコメントがあった。

 男は「クラブきっず」という名前で運営していた。別のHP上で、「3度の飯より遺体が好き」などと名乗って自らのHPを紹介していた。

 隼君の父、徒有(ただあり)さん(50)は「HPで、誰もが自由に発言したり、議論するのは大事なことだと思う。しかし、興味本位や性的倒錯の気持ちで見られるのは遺族にとってはたまらない。サイト管理者が自己規制してほしい」と話している。【永井大介】

(毎日新聞) – 12月3日

運営した30歳代の小学校の男性教諭

 HP作成者のサイコぶりだけでも十分嫌悪感を覚える本件ですが、こんなのが小学校の先生やってんのが裏ドラ的になんとも…。このペドネクロ男は東京都羽村市の教師らしいけど、教え子達に取っちゃショックというか嫌悪感バリバリもんだよなあ。いくら個人的な趣味とは言え、先生が自分達を「欲情対象候補」と見ていた可能性があったワケだし。それも、ただの小児性愛趣味の斜め上を行ったアブノーマルな視点で。

 まあ、今の子供は変態情報慣れだけはしてるから、トラウマまでは行かないだろうけど。でも逆に、今まで免疫ゼロでバーチャルな変態しか知らなかったのに、いきなり目の前に変態を突き出されたから、ショックは更にでかい可能性もあるか。うーむ。…ていうか、こんなこと考える自分も十分変態だな。切腹!(謝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です