<丹羽元厚相>「大宏池会」構想、実現厳しい…講演で語る

 自民党丹羽・古賀派の共同代表を務める丹羽雄哉元厚相は22日、東京都内で都内で講演し、旧宮沢派系の丹羽・古賀、谷垣、河野の3派による「大宏池会」構想について、「分かれてから5、6年の歳月がたっている。簡単に戻るほどたやすくないというのも事実だ」と指摘し、実現は厳しいとの見方を示した。

(毎日新聞) – 5月22日

 正式に「大宏池会」を諦めたとなれば、次は古賀一派がどこに身売りするかですね。色々と可能性は考えられるけど、一番「面白くて醜くて古賀氏の性根があからさまになる」ケースは、森派・福田グループへの合流かなあ。

人間古賀誠 政界花と龍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です