<パキスタン>ブット氏暗殺で15歳逮捕の情報 通信社報道

♪ このみちぃは~ いつかきたみちぃ~ ♪

 で、どこの組織のスケープゴートよ?>15歳少年。言っとくけど、オズワルド@ケネディ暗殺の時のような口封じは無しだかんね。なんぼなんでも可哀相だろ?。「遺族」の生活を保証してやるにしても。

 【ニューデリー栗田慎一】パキスタンのベナジル・ブット元首相が昨年12月に暗殺された事件で、AFP通信は19日、同国北西辺境州当局者の話として、暗殺実行グループの後方支援役の一人とされる15歳の少年を逮捕したと報じた。少年は事件当日、現場にいなかったものの、実行犯の「名前」などの詳細を供述したという。一方、内務省報道官は「(容疑者の)逮捕に関する情報はない」と報道を否定した。

 AFP通信によると、逮捕された少年は、2人の実行犯が暗殺に失敗した場合に準備されていた、3人の自爆チームの一人だったと供述。さらに、政府が事件発生直後に「事件の黒幕」として名指ししていたイスラム過激派のベイトラ・メスード司令官の「命令だった」と語ったという。ただ、AFP通信は、事件当日の少年の所在などについて、当局者の間で情報が異なっているなど不審な点も指摘している。

 米中央情報局(CIA)のヘイデン長官も、米ワシントン・ポスト紙が18日に掲載したインタビューで、国際テロ組織アルカイダの支援を受ける武装勢力幹部、メスード司令官の配下が、ブット元首相の暗殺を実行したとの分析を示している。

 一方、メスード司令官の報道担当者は「われわれは事件に関与していない。政府のでっちあげだ」と改めて否定した。

 捜査は現在、英国のロンドン警視庁がパキスタンの捜査当局を支援する形で進められており、2月18日の総選挙前に捜査結果が発表される見通し。

(1月19日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です