<お年玉>使い方教えてる? 子どもへ金融教育、わずか3割

 よく有る印象操作&煽動記事の典型。今回の記事にあるようなアンケート調査において、ことさらに「金融」というタームを使うこと自体がその証拠。

 一方で、お金と言うか社会の仕組み、家計の仕組み、金の回り方の仕組みについて予断を交えず子供たちに教育することは必要。正しい知識こそが、長じて後の正しい判断の叩き台になるのだから。と言うわけで子供の皆さん「お金は大事だよ。自分や周辺/社会の可能性を実現するのに必要な限りにおいて」。

 正月を迎えた子どもの大きな楽しみは「お年玉」。“大金”を手にする子どもも多いが、子どもに対し金融教育を実施しているサラリーマン家庭は約3割に過ぎないことが、クレジットカードなどを手がけるGEコンシューマー・ファイナンス(東京)のアンケート結果から分かった。

 同社が男性サラリーマン約500人に聞いたところ、経済の仕組みやお金の大切さなどについて教える金融教育について、83.5%が「必要」と回答。しかし、「実践している」のは31.8%だった。

 実践している家庭の年収別では「1500万円以上」が50%と最も高く、「300万円未満」の42.9%が続いた。高収入と低収入の層で、資金管理の大切さなどが話題になることが多いようだ。

 京都中央信用金庫が、乳児から大学生(計1163人)を対象に調査した07年のお年玉の平均金額は3万7917円。お金にまつわる知識を広める金融広報中央委員会は「お年玉をきっかけに、金融教育を家庭でも行ってほしい」としている。【松本杏】

(1月1日 毎日新聞)

1 個のコメント

  • はじめまして、こんにちは。突然のコメントで失礼します。

    ご関心がありましたら、世論調査にぜひご参加をお願いします!

    大阪府知事選世論調査(全国)
    http://www.yoronchousa.net/vote/3348
    政党支持率調査
    http://www.yoronchousa.net/vote/3350
    福田内閣支持率調査
    http://www.yoronchousa.net/vote/3352

    回答者の代表性は担保されませんが、様々な考えを持つ
    多くの方に参加して頂き、たとえ偏りがあったとしても
    それはそれで参考となるデータとなっていきます。

    ぜひブックマークもして頂き、調査やアンケートも作ってみて、
    お知り合いの方などにもご紹介ください!

    世論調査.net – みんなの声!
    http://www.yoronchousa.net

    お邪魔いたしました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です