黒川紀章氏73歳誕生日飾れず慎太郎氏と絶交…都知事選投開票

 人品が最低でも、せめてマニフェストの出来がよければ…ですが、中身は案の定の電波or味も素っ気も無い思いつきのベタウチ。本気で勝つ気無いから、敗戦の弁もただのジョークの羅列に終始。「ボンボンニート」鞠子公一郎並みに醜い「ナルシストの選挙ごっこ」ぶりに、神楽は超ゲンナリですよ。

 こんな阿呆を支持した15万人余は、何を評価して貴重な一票を投じたんだ?。名前ですか?。建築家としての知名度ですか?。出馬経緯から見てもロクでもない為人だって速攻分かるもんだろ?。マジなんでこんなのを支持しようなんて気になれるんだ?。「アナーキスト」外山恒一氏の方がよっぽどまともですがな。

 「石原都政」の継続か転換かが最大の争点となった東京都知事選は8日、自民、公明両党が支援する現職・石原慎太郎氏(74)が、民主、社民両党の支援を受けた前宮城県知事・浅野史郎氏(59)らを引き離し、圧勝で3選を果たした。

写真はコチラ

 世界的建築家の黒川紀章氏は、自らの73歳の誕生日を飾れなかった。投票後、事務所でビールを飲みながら日本刀に着物姿、さらには雪駄(せった)にワイシャツ姿などコスプレを楽しみながら吉報を待った黒川氏。だが午後8時過ぎにテレビで「石原氏当確」の報が流れると「僕はこんなもんか。全然ダメじゃない」と短く話した。それでも「誕生日をお祝いしよう」と切り出し、シャンパンで乾杯。ようやく笑顔を見せた。

 今回の選挙戦を振り返った黒川氏は「もともと私は恥ずかしがり屋。(街などで)『紀章ちゃん』と言われ、うれし恥ずかし『ハニカミ選挙』。奥さんのほうが堂々としていた」と話した。また「キャラクターとしてのライバルは桜金造」とも明かした。

 当選すればアイルランドの人気ロックバンド、U2による「祝賀ライブ」を予定していたともいう。U2のメンバーとは「お互い忙しいがエールを交わす」仲だという。「エージェントにも本人にも話してませんが」とした上で、黒川氏は「当選したら武道館でコンサートをやりたい。来てくれるに決まっている」と意気込んでいたが、これで幻に終わった。

 今後は夏の参院選に向けて活動していくという黒川氏。自らは出馬しないが、共生新党から何人か候補者を立てる予定だ。かつての友人だった石原氏とは「もうプライベートでも会うつもりはない」と絶交を宣言した。

(4月9日 スポーツ報知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です