高村防衛相「守屋氏の顧問就任報道、びっくりした」

f:id:kagura-may:20070902030129j:image

「姐御!姐御!守屋のオヤジは顧問辞退したんじゃなかったのか?」「駆引きよ」

「姐御!姐御!このリークは小池のオバハンの置き土産なのか?」「そうよ」

 高村正彦防衛相は31日の記者会見で、守屋武昌事務次官が同日付で退官した後に防衛省顧問に就くとの報道について「守屋さんはかつて(自分の退任を報じた)朝刊をみてびっくりしたことがあったそうだが、私は今日、新聞をみてびっくりした。何も決定していない」と述べた。

 小池百合子前防衛相と後任人事で対立した守屋氏が「新聞辞令」で自らの退任を知ったことを皮肉ったものだが、高村氏はその後、守屋氏と会って「君の気持ちがよく分かったよ」と伝えたという。

 高村氏は会見で、4年1カ月の長期間、次官を務めた守屋氏について「大変見識があり、省内を統括していい仕事をしてきた。ただ、大変長い間、次官の立場にいたので、人心一新して国民のために防衛の仕事をきちんとやっていく態勢を作りたい」と語った。

 守屋氏の顧問就任に関しては「賛成でも反対でもない」と述べるにとどめた。

(9月1日 産経新聞)

<高村防衛相>「守屋氏顧問」報道で不快感

 31日退官した防衛省の守屋武昌事務次官の処遇をめぐり、波紋が起きている。31日の一部新聞に守屋氏の同省顧問就任検討が報道されたが、高村正彦防衛相は同日午前の記者会見で「新聞を見てびっくりした。何も決定していない」と不快感を表明。省内にも「院政を敷くつもりでは」と戸惑いが出ている。

 守屋氏は周辺に、「省内報道官室を使い、顧問として週5日出勤する」との意向を示している。背広組・制服組トップの経験者が就く同省顧問は通常、週1回程度の非常勤職。現在は3人が1部屋を共有しており、同氏が個室付きの常勤顧問に就任すれば、異例の厚遇となる。

 守屋氏は同日午後、高村防衛相に「顧問という話はありません」と釈明したが、防衛相は「小池(百合子)前防衛相に人事を何も聞いてなかった君と同じ状態だよ」と皮肉ったという。【田所柳子】

(8月31日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です