首都圏の139万世帯が停電、交通機関にも大幅な乱れ

東京都の広い範囲と神奈川、千葉県の一部で14日朝、大規模な停電が起きた。

 約3時間後に全面復旧したが、3都県の約139万世帯で一時送電がストップし、東京電力管内では過去2番目の大規模停電となった。

 JRや私鉄、地下鉄が運転を一時見合わせたほか、エレベーター内に人が閉じ込められる事故が相次ぎ、多数の信号がつかなくなるなど、お盆休みの首都圏は混乱した。

 東電は、東京都と千葉県の都県境を流れる旧江戸川にかかる送電線にクレーン船が接触、電線が損傷を受けたのが原因とみて調べている。

 東電によると、停電が起きたのは14日午前7時38分ごろ。千葉県浦安市付近の旧江戸川にかかる送電線にクレーン船が接触し、2系統の電線を損傷した。送電線は最も低いところで高さ約16メートルだった。

(読売新聞) – 8月14日

 京浜東北線はふつーに動いてたんで、東京駅&オフィスについてビックリ。エレベーターは動かんわ、照明は消えてるわ、空調は止まってるわ、パソコンは使えんわで、無い無い尽くし。で、同僚達が手持ち無沙汰にしている中、「おお、なんかエヴァ第11話ていうかナディア第21話って感じー!」と台風の直撃食らった時に似たウキワク感に満たされていたのはヒミツヒミツ。

 正直言うと、この異常事態を目の当たりにした瞬間、「テロか!?」と思いましたが、只のクレーン船のチョンボらしいですね。…とか油断させといて、実はテロリストが明日の靖国参拝を前に、都内各所や金融システムに色んなトラップを仕掛けるための陽動作戦かもしれませんけど!(笑)。

 というのは冗談としても、少なくともテロリストにとって格好の教材になったよなあ>大停電。…大丈夫か?日本の安全。

ふしぎの海のナディア VOL.6 [DVD]

ふしぎの海のナディア VOL.6 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です