首位陥落

 もとより苦手にしているアウェイでのトリニータ戦。ジンクス通りと言えばそれまでですが…ポンテの不在がここまで大きいとは(^^;。

 前節大活躍の田中も、動きこそ悪くはなかったものの今一攻め手に欠ける展開。てゆーか、目いっぱい引いて守る「ただでさえ堅守」トリニータDF陣を崩すには、FW3枚並べるだけじゃどーにもならないスメルが90分を通してプンプン。梅崎もそこそこ頑張っていたけど、こういう時こそ、闘莉王が出しゃばって前線に上がってくるべきだったんじゃないのかな?。

 ま、今さら何を言っても詮無いことか。首位からはついに陥落しちゃったけど、19節での直接対決までしっかりとアントラーズの尻尾を掴み続けていれば十分挽回は可能。シーズンはまだ半ば。勝負はこれから×2。頑張れレッズ!。

 

J1 第16節(7/12-13)試合結果

東京V 0 – 1 京都

清水 0 – 1 神戸

大分 2 – 0 浦和

大宮 1 – 2 磐田

名古屋 1 – 0 柏

G大阪 2 – 1 川崎

鹿島 4 – 1 FC東京

千葉 0 – 3 札幌

横浜FM 0 – 1 新潟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です