釈ちゃん破局宣言!公式HPで発表「前を向いて強く生きる」

 女優、釈由美子(28)が20日、インドネシア・バリ島で一緒にバカンスを楽しんだブライダル関連会社「テイク&ギヴ・ニーズ」の野尻佳孝社長(33)と交際1カ月でスピード破局したことを公式HPで発表した。

 釈は「もう難しいかな…と判断しました。今はまだ、気持ちの整理がつかないけれど、これからも自分らしく前を向いて強く生きていこうと思います」と破局を宣言。「出発からこんなにも騒がせてのバリ旅行になってしまうなんて、本人が一番びっくりし、動揺しています…。今回の報道で、本当にお騒がせしてすいませんでした」と綴り、これ以上交際を続けてスタッフやファンに迷惑をかけることはできないとしている。

 バリ旅行は野尻社長が17日に成田空港着で、釈は翌18日に関西空港着でバラバラに帰国。2人を知る関係者によると、その夜に電話で釈の方から野尻社長に別れを切り出し、その後は野尻社長からの電話に一切出ていないという。

(サンケイスポーツ) – 7月21日

 そもそも、このバリ旅行のことをほぼ意図的に周囲=マスコミに流していたのが野尻佳孝氏本人なわけで(その他プライベートなネタ込みで)、その内容とやり口を知れば、如何に天性の駆け引き上手、百戦錬磨の改造人間・釈由美子といってもそりゃドン引きしますわなー。

 7/4の日記にも書きましたが、これまでも野尻氏はこの手をよく使ってマスコミに自分と自社を取り上げさせています。他のベンチャー経営者でもこの方法を使う人はいますが、野尻氏の場合、自分のキャラクターと出自もあってかそれが半端じゃないというか、ぶっちゃけ「下品」。だからいつまでたってもこちらの業界じゃ「成金ヤンキー」呼ばわりされている訳ですが。

 野尻氏が二人の交際をマスコミにリークした際、牽制球コメントを野尻氏に出していた釈由美子&事務所サイドですが、今回それが無視された上にさらに釈が道具扱いされたことで、堪忍袋の緒が切れたといったところでしょうか。でもまあ、世間的にはこれで良かったと思いますよ。以降、これで少しは犠牲者が減るでしょうから。ちなみに、全て計算ずくで金だけに集る方は犠牲者としてカウントしていませんので悪しからず。

史上最短で、東証二部に上場する方法。

史上最短で、東証二部に上場する方法。

野尻氏が経営者というよりブランド厨だということが良くわかるタイトルですね(ニガワラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です