週刊少年サンデー21・22号

 だから付録いらないっつーの。

今週の注目作品

「GOLDEN AGE」~良くも悪くも定石通りなスタートを切った新連載。ぶっちゃけ「普通におもしろい少年漫画」。主人公sのアドバンテージが凄すぎて、ストーリー自体は盛り上がりに欠けそうな気配がするけど、そこは素材の料理次第かな。継読決定。

「武心」~次回、説得道場?パーティメンバー集めの冒険にGO?そして目指すは弱小道場の復活か。いずれにしてもまさに万乗的展開で、ちょっと期待。

「MAJOR」~いや、謎って既にバレバレでんがな。にしても、日常シーンが試合描写よりも数段面白い野球漫画ってどうよ?

「最強!都立あおい坂高校野球部」~見所は心理戦&駆け引き&両軍捕手の「キレ」具合。あからさまだけどイイヨイイヨーヽ(=´Д`=)ノ 。あとはこれを取っ掛かりに、次回以降どこまでキャラを掘り下げた描写ができるかだな。

「結界師」~前号に続いて今号もイチオシ。第1部終了間際ですね。主要キャラ各々が各々のスタイルで戦場から退場していく姿が美しい(注:碧闇除く)。中でも紫遠が超イカス! 自分の哲学持ってる姉御なのはこれまでも描かれていましたが、藍緋(合掌…)の形見片手に別れを告げるシーンで好感度急上昇。白と姫、何気に切ない雰囲気を漂わせていましたが、次回のクライマックスでそれがどう昇華されるのかに超期待!です。

「クロスゲーム」~そうきたか!…って、まんま、達也@タッチじゃん!!(笑)

「ハルノクニ」~ツンデレ抜いたら何も残らない社会派or電波漫画ってどうですよ?

「ハヤテのごとく!」~「おはようハヤテ君。今回の君達の任務だが…(違)」。誤解が誤解を呼ぶ春の嵐前哨戦。とりあえずアレだ。「結構まだまだいける」と意識的に自分を納得させようとしている段階で(以下省略)。

「史上最強の弟子ケンイチ」~番神!番神じゃないか!!(違)。とにかく萌えまくりな今回(ちなみに一番萌えは「しおタン」(*´д`*) ハァハァ)。やはり師匠が絡んだエピソードはいい。心が和む。

「ブリザードアクセル」~ つ”「銀色のロマンチック・・・わはは」。

「あいこら」~世の中には2種類の人間しかいない。犯罪を犯す人間と犯罪を犯した人間だ!

「聖結晶アルバトロス」~「トキ先生が病人って出来すぎだろー」と読み進み、「今日こそトキをいただくぞ…」で読み終わり、2枚ページをめくってみれば…狙いすぎだろ。この配置(笑)。

「絶対可憐チルドレン」~必要以上にパンチラが激しい今回、その衝撃に澪の強さも兵部の崇高なる目的も霞み気味。とりあえず「皆本はロリコン(by周囲の認識)」確定と言うことで。

北斗の拳―完全版 (6) (BIG COMICS SPECIAL)

北斗の拳―完全版 (6) (BIG COMICS SPECIAL)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です