貴州暴動

 地元公安局幹部の子弟による15歳少女の強姦殺人事件とその揉み消し工作。それに対する遺族の抗議とその遺族への公安局の暴行。それを発端にした数万人の暴動発生と複数の死者。公式メディアはその惨状を伝えず、「現場」を流した投稿サイトは当局の検閲を受けて次々に動画を削除。

 …というように、中国の抱える矛盾の全てが凝縮しているかのようなこの事件。他国のこととは言え、やり切れない気分になります。もっとも、これらの「事実」ですら本当に「事実」なのかが分からないという、「矛盾と捏造の国」中国の「真実」に比べれば、瑣末なことではありますが。いずれにせよ、こんな矛盾やツマラン真実の犠牲者になった少女が哀れでなりません。

今日の一銘柄

  • santec(6777):光通信用部品・測定器が2本柱。光部品で波長ロッカー、波長モニターなど独自製品多い。株価は5月以降急上昇していますが、光通信用機器メーカーは、これからが買い。6/30終値は前日比15円安の535円。7月第3週中の目標株価600円。向こう半年間の目標株価1,000円。

 ここで脈絡無く「【MAD】 Kanokon OP – HOT POWAA」を紹介。


D

ここ最近の「XEBEC暴走」の象徴的作品MAD。

とりあえずあれだ。「おっ○いは正義!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です