自民・福田氏、世代交代論をけん制=総裁選出馬に期待の声も-有志の会に32人

 安倍晋三官房長官と共に「ポスト小泉」の有力候補とされる自民党の福田康夫元官房長官が会長を務める「クローニンの会」が31日夜、都内の料理屋で総会を開いた。自民党の衆参国会議員32人が出席し、福田氏はあいさつで「若い人も大事だが、われわれ年寄りも役に立つことはある」と明言。党内の世代交代論をけん制した。

 同会は50歳を過ぎて初当選した有志議員の集まり。同日の会合で福田氏は、9月の同党総裁選には言及しなかったというが、出席者からは「福田氏がいざ立つ時は応援する」「われわれのように人生を知っている者が役立つ時がある」など、福田氏の出馬を期待する声が続出。今後は50歳未満の「中年」世代にも参加を呼び掛けることを確認した。 

(時事通信) – 6月1日

 中国&公明党の意向代弁者としての福田氏の存在には良くも悪くも意味がありますが、この「ご老体集団の拠り所」についてはいかがなものかと思いますね。安倍氏支持の若造連中に対しても言えることだけど。

 もしかして小泉首相ってば、郵政民営化の時のようにここで福田氏のもとに老害予備軍を終結させといて、ギリギリで安倍氏を後継指名、返す刀でご老体たちを粛清って腹かしらん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です