竹内まりや「火サス」惜別シングル…新曲が最後の主題歌に

 日テレ系の火曜日放送の2時間ドラマ枠が来春終了するのを受け、シンガー・ソングライターの竹内まりや(51)が来年3月に同ドラマの主題歌を集めたマキシシングルを発売することが26日、分かった。「火曜ドラマゴールド」の新主題歌に選ばれた新曲のほか、前身の「火曜サスペンス劇場」を飾った「シングル・アゲイン」「告白」の2大ヒット曲を収録する。

 歴代の火サス主題歌の中でも印象的なヒット曲を出してきた竹内が、“惜別シングル”を発売することになった。

 1981年9月スタートの「火曜サスペンス劇場」から「ドラマ・コンプレックス」を経て、現在の「火曜ドラマゴールド」へと受け継がれた伝統の「火曜9時枠」は、来年3月に終了することが正式に決定。さらに、竹内の新曲「明日のない恋」が、同枠最後の主題歌として1月9日放送分から「-ゴールド」で流れることに決まった。

 竹内にとっても思い出深いドラマの終了を受けて、3月7日発売の同曲に加えて、火サス主題歌としてヒットした「シングル・アゲイン」「告白」の2曲を収録。異例の“火サスシングル”として、四半世紀の歴史に幕を下ろす同ドラマの有終の美を飾ることになった。

 伝統の火サス主題歌は、初代の岩崎宏美「聖母たちのララバイ」(81年9月~83年4月)から、森山直太朗「小さな恋の夕間暮れ」(05年6~9月)までの26曲あり、岩崎の5曲が最多。竹内は「シングル-」(89年6月~90年9月)と「告白」(90年9月~91年10月)を2曲連続で提供し、それぞれ約70万枚と約50万枚のヒットを記録した。また2曲を収録したアルバム「Quiet Life」は100万枚突破のミリオンヒットとなった。

(12月27日8時2分配信 スポーツ報知)

 遂に正式に終了かあ…>「火サス」。万感の想いを込めて「合掌」。

歯抜けも多いですが、結構お気に入りで良く聴いているのがこの一枚。もちろんお勧めは「聖母たちのララバイ」「家路」。特に「家路」は、「罪を憎んで人を憎まず」な2時間ドラマにぴったりなEDなので、未聴の方は是非♪↓

「聖母たちのララバイ」http://www.youtube.com/watch?v=3VgSJEWq_to

「家路」http://www.youtube.com/watch?v=cs-4CCDnLu0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です