痴漢逮捕、植草容疑者が名古屋商科大大学院を免職に

 名古屋商科大学大学院(名古屋市中区)は27日、電車内で、女子高生の下半身を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕された、同大学院客員教授植草一秀容疑者(45)(東京都港区白金台)を同日付で免職処分にしたと発表した。

 植草容疑者は今月13日、東京都の京浜急行品川―京急蒲田間を走行中の電車内で、神奈川県内の高校2年生の女子生徒の下半身を触ったとして、警視庁蒲田署に逮捕された。今年4月から1年契約で客員教授に就任し、27日から東京、名古屋両キャンパスで企業戦略をテーマに講義する予定だったが、逮捕後の拘置で講義が出来なくなったため、26日の理事会で免職を決めたという。

(読売新聞) – 9月27日

 逮捕によって講義ができないから免職とは、また姑息な言い訳をするなあ>名古屋商科大学大学院。さて、これを受けて石橋省三のダンナがどう身を処するか。ああいうボンボンなキャラなんで、結構あっさり身を引くんじゃないかと思いますが、どうでしょうね?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です