男子も女子もダンス・武道…中学体育で必修案

 戦う少女は美しい。美少女ならば尚宜しい。ついでに、礼儀作法の指導込みなのでギガ宜しい。この後、下手に思想信条絡ませ無ければテラ宜しい。

 中央教育審議会の専門部会は4日、今年度内にも改定を予定している学習指導要領で、中学校の保健体育の授業の中で、武道とダンスを男女とも必修とする案をまとめた。

 幅広い競技を授業で教え、子供たちに生涯楽しめる運動を見つけさせるためで、武道には礼儀作法を身につけさせる狙いもある。

 中教審は、昨年12月に改正された教育基本法で、教育の目標に「伝統と文化の尊重」が掲げられたことから、「武道は日本の伝統や文化を知るために役立つ」と判断。1、2年時に水泳や陸上競技、ダンスなどとともに教えることにした。

 新指導要領は早ければ2011年度から実施される予定。

(9月4日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です