生命確認は無理でも移住なら

 と、ヲタっ子としては、仄かな期待を持ってしまう記事が二つ。ロマンで期待しているうちが華なのは、良くわかっているけどさ。

タイタンが開拓されて、楽園法が制定されるのはいつの日か。なんて。

火星に塩分=生命存在の新たな証拠?-NASA

 【ワシントン20日時事】米航空宇宙局(NASA)は20日、火星探査機マーズ・オデッセイの得た観測データの分析結果から、火星の地表に塩分が存在する証拠を突き止めたと発表した。塩分の発見は、火星にかつて潤沢な水があったことを物語り、生命が存在した可能性を示す新たな補強材料になる。 

(3月21日 時事通信)

土星の衛星タイタンの地下に海?=生命探査に弾みも

 【ワシントン20日時事】米航空宇宙局(NASA)は20日、米欧共同の土星探査機カッシーニによる観測を基に、土星の衛星タイタンの地下に水とアンモニアでできた広大な海が存在する可能性があるとの分析結果を明らかにした。生命の源である海の存在が確認されれば、地球外生命の探査計画に弾みが付くことになる。論文は米科学誌サイエンスに掲載される。

 NASAによると、タイタンの海は、氷に覆われた地表から約100キロの地下に広がっていると推定されている。ただ、海の存在はこれまでの観測結果から引き出した推論であり、直接的な証拠が見つかったわけではない。 

(3月21日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です