現代自会長を逮捕 横領・背任容疑 息子も在宅起訴へ 韓国・最高検

 【ソウル=久保田るり子】韓国の最高検察庁は二十八日、韓国を代表する自動車最大手、現代・起亜自動車グループの不正事件で鄭夢九会長(68)を逮捕した。逮捕の容疑は約千三百八十億ウォン(約百六十七億円)の秘密資金を調達させた横領と、会社に約四千億ウォン(約四百八十四億円)の損害を与えた背任。息子の鄭義宣・起亜自動車社長も横領および背任の疑いで在宅起訴する方針だ。

 検察当局によると、鄭会長は現代自動車と系列会社で秘密資金の調達を指示、この資金を政官界へのロビー活動や息子への経営権継承の資金に使ったとされる。

 韓国メディアによると、事件は金大中政権時代に、現代・起亜自動車が金融ブローカーを使って許認可などロビー活動を行っていたことが発覚。先月末、現代自動車本社などに家宅捜索が入り、巨額の秘密資金疑惑に発展した。同事件では系列会社社長などがすでに逮捕され、鄭会長は今月二十四日、検察当局の取り調べに応じていた。

 鄭夢九会長は韓国を代表する財閥、現代グループを創業した故鄭周永・名誉会長の二男。財閥は事実上、解体され、独立採算方式となったが、その現代グループの中で現代自動車は最大規模。従業員五万千人、二〇〇四年の総売り上げは二十七兆五千億ウォン(約三兆三千二百億円)を誇り、サムスンと並ぶ輸出企業だけに、韓国経済界は対外信用度の下落などを懸念している。

 現代自動車は今月十九日、鄭夢九会長と鄭義宣・起亜自動車社長の名前で私財一兆ウォン(約千二百億円)の「社会還元」と国民に対する謝罪文を発表していた。

(産経新聞) – 4月29日

 上記以外にも、月初はアメリカにトンズラここうとしたんですよね、この人。「金宇中や李健煕といった先達連中とそのまんま同じな行動パターンだなあ」と生暖かく見守っていましたが、遂に逮捕ですか。しかし何故今頃なのかなあ?ハンナラ党潰しfor地方選対策を目的に、与党サイドがスポンサーを叩いたって訳じゃなさそうだし。どうも腑に落ちないです。まあ、個人的には、これでどこぞの国のサッカー代表が、ドイツでは日韓W杯の時よりもちょっと「お行儀良く」試合をやってくれるようになるんじゃないかと期待しているんですが…無理かな(^^;

 それにしても、韓国の財閥系犯罪者が捕まると「金をやるから騒ぐなよ」とばかりに国民に金をばら撒くこの「風習」は何なんですかね。こんな↓歪な事大主義がまかり通っている国だからしょうがないのかなあ。

「ウォン高や原油高で経済が失速している中、活発な経営で韓国経済の発展に貢献しているグループの会長を逮捕までして裁くのが妥当なのか」(韓国経営者総協会)

http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/060428-220023.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です