猪瀬直樹都知事に引導を渡したのが、石原慎太郎「上皇」という「院政茶番」

f:id:kagura-may:20131219201952j:image

 猪瀬も情けない。悩んだ挙句、愛人の女性にこう囁かれて決断したというなら、ともかく

 いやいや。

 兎に角、これで、東京地検の捜査が「自分の晩節を汚したくなかった」石原閣下に届かないなんて事態になったら、目も当てられない。

もう持たない、晩節汚すな…石原氏が辞職促す

 東京都の猪瀬直樹知事が辞職する意向を固めた背景には、猪瀬氏を後継に指名した前都知事の石原・日本維新の会共同代表が18日に辞職を促したことがある。

 各党は知事選に向け、候補選びに本格的に着手する。

 猪瀬氏の進退について、自公両党は「辞職は避けられない」とみていた。

 知事を失職させるために都議会で不信任を議決する手段もあるが、知事は辞めずに議会を解散することもできる。都議選は今年6月に行われたばかりで、両党には「1年に2度の選挙は大変だ」との思いもあった。都議会の自民、公明両会派は、百条委員会で猪瀬氏を追及し、偽証容疑で告発して辞職に追い込むシナリオも思い描いていた。

 石原氏はこうした情勢を踏まえ、猪瀬氏に決断を迫ったものとみられる。関係者によると、石原氏は18日、猪瀬氏に「もう持たない。晩節を汚すことにならないようにしろ」と伝えた。猪瀬氏は「よくわかりました」と応じたという。

(12月19日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です