“無菌”の南極でレジオネラ菌繁殖…隊員に付着か

 無菌状態に近い雪や氷を解かした水を使っている南極の浴槽にも、重い肺炎を引き起こすレジオネラ菌が繁殖していることが、日本の南極観測隊医療班の調査でわかった。

 酷寒の地での繁殖事例が確認されたことで、菌のしぶとさが浮かび上がった形だ。

 レジオネラ菌は循環式浴槽など水が停滞する場所で増えやすく、抵抗力が弱い高齢者や乳幼児が感染すると、重い肺炎を発症して死亡する場合もある。水が貴重な南極では、浴槽はお湯をろ過して使う循環式を利用しており、衛生状態確認のため、医療班が1998~2003年に昭和基地とドームふじ基地の浴槽の水やフィルターなどを日本に持ち帰って調べた。

(1月7日 読売新聞)

 逆「復活の日」ですな。

復活の日 [DVD]

復活の日 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です